MENU

元中古車買取業者の買取査定UPの秘密!!

車を高く売るために何をするか?

 

1、車をきれいにする事です。
  なぜかというと、汚いままもっていくと買い取りした業者がその分コストがあがります。(そのままオークションや小売りが可能)
  綺麗に見せるコツは窓とタイヤワックスとホイルベース内の汚れ落としです。
  また査定時にも車も見やすいという事です。
  内外装ともに綺麗にしましょう。
  乗ってる時から次を考える場合は、純正品のシートカバー全体をキッチリ覆うものを装着しておけば、本来のシートのすれ等は防げ、
  外すと非常にきれいな状態な事が多いので査定UPにつながります。
  足元マットも純正品の上に社外品をのせて使う等ですれを防げます。
  中古販売の中で足元マットも販売時にあまりにも擦れ・汚れがある場合は、新品をつけて売る事が多く、きれいな状態だとコストがかからないので、
  査定UPにつながります。

 

2、名義変更できる書類を用意しておく。
  ※ローン中等の場合は難しいです※
  査定してもらい、車置いてかえるだけと車と名義変更できる書類を渡すでは全く違います。
  相場は日々変わります、業者も一日も早く処分したいからです、名義が変わらない状態が長い車両はそれだけ相場の変化のリスクがあります。
  オークション等に出す場合も大抵の業者は名義変更の書類が揃ってからです。
  ※納税証明・委任状・譲渡証※
3.書類を残しておく
  純正の記録簿・取説・保証書
  ※保証書があれば、保証が残っている車ではあれば、保証で修理できる場合があり、有無しで査定がかわります。
  車検時の記録簿
  ※記録簿がある事がメーター改ざん等の行為がないことの証明につながります。

 

4.純正パーツを残しておく。
  過激な改造はマイナス評価になる事があります。※ドレスアップカーを専門に扱ってる業者さんのほうが査定が高い可能性があります※
  純正パーツを残しておくのはとても重要です。車検に通る状態にもどせる最低限の純正パーツは残しておく。

 

5.事故歴
  はっきりいって隠してもばれます。素直にいったほうがいいです。
  事故車とは骨格(フレーム等)になじれや修理箇所がある車両の事です。
  小さい傷などを修理した車両は事故車ではありません。

 

6.何件か回ろう
  査定時は何件か問い合わせや、実際査定してもらうのが一番いいと思います。
  数万円変わることもあります、特にきれいな車両の場合、業者は欲しがります。

 

7.下取りに出す。
  中古車から中古車への買い替えの場合、買取り価格より下取りのが得な事があります。
  ※なぜか、早く処分したかったり、売る方の車両の儲けを減らして下取り査定をUPしてくれるからです。※

 

8.購入時に売る事も頭にいれ購入・乗る
  人気のカラーを買う 車種にもよりますが、高級車ほど人気のカラーで査定が変わります。
  オプションパーツ  サンルーフや純正ナビ 本革シート等 
  人気のグレードを購入する
  エクボ程度の傷は板金修理ではなく、デントぺリアで治す。作業員さんの腕にもよりますが、結構なへこみでも塗装さえわれてなければ直る場合があります。
  塗装をすると査定がさがります ※査定員は塗装してるとわかります※

 

9.愛情をもって
  愛情をもって車に乗ってる方は、非常に車の状態が良いことが多いです。
  業者にも伝わりますので愛情をもって乗ってください。

このページの先頭へ