MENU

車買取査定で車をなるべく高く売るためのコツ

細かい傷がついていないかどうか

まず先にやっておきたいのは傷のチェックです。たとえば事故の際の大きな傷は気づいやすいですが、走行中に自然とついてしまった小さな傷は見落としがちです。買取査定時には小さな傷もしっかりとチェックされます。車のまわりをしっかりと確認して、少しでも小さな傷があれば、しっかりと塗装するなどして消す必要があります。

 

車の中の汚れもしっかりとチェック

車の中も同様です。たとえばドリンクホルダー周りなどは使っている内に自然と汚れていきます。汚れを発見したら、ぞうきんなどで見えなくなるまでしっかりと吹いておきます。ホコリなどについては掃除機で吸い取っておくことをおすすめします。掃除機はガソリンスタンドなどで貸し出してくれるところが多いです。そして車の中で食事をすることが多い人は、シートに食べ物によるシミができていないかをしっかりと確認しておくことが欠かせません。

 

臭いを消しておくことも大切

車の中を見るときに最初に気にかかるのは臭いです。意外と見落としがちなところかもしれませんが、臭いが悪いと買取価格が下がってしまう可能性も否定できません。そのためスプレーなどでしっかりと臭いを消すなどの対策をしておくことが欠かせません。

 

ピカピカに洗車する

次に洗車をしておくことも大切です。ガソリンスタンドなどで洗車をしても構いませんし、自宅で手洗いで洗車をしても大丈夫です。ボディをよく見ると意外と泥が多くついています。なるべく汚れは無くしておきたいものです。

 

オプションの有無について

そしてオプションがあるかないかによって買取価格も変わってきます。カーナビやETC、その他のオーディオなどのオプションがあればしっかりと用意しておきたいものです。ちなみに説明書なども用意できればなおよしです。

 

オプションがしっかりと機能するか

カーナビやETCなどのオプションについてですが、これもしっかりと動作するかを確かめておきます。たとえばタッチパネル、ボタンなどが挙げられます。問題なく動くようであれば、買取価格も上乗せになることが期待できますので、しっかりとチェックしておくことが大切です。ちなみに査定に出す前までにしっかりと初期化をしておくことも忘れないようにします。

 

売るならシーズンをねらう

売却する時期によって査定価格に変動がでてきます。たとえば時期によっては数十万円もの差額ができる場合もあります。シーズンを見極めることも大切です。

このページの先頭へ