MENU

車を高く売るには、中古車購入を同じ会社ですることが得

車を売却しようとする動機は様々ですが、ほとんどの人が次の車をねらっての行動ではないでしょうか。
私も車の売却動機は、ほとんどが次の車を手に入れたいとの考えでした。
私が考えるには、車の一番高価買取のこつは、中古車購入を条件として現在所有している車の売却値を上げるということです。一般的に考えて中古車を売る市場はどこかで仕入れた車を売却してその仕入れ資金と売却値段の差により利益をもたらします。でも、仕入れた車の状態が悪かったり、事故車などの負のイメージがついてしまうと当然値段がつかないのが、極自然な事です。後、株式相場と同じで、人気がある車はどんな値段をつけたってうれますが、人気がない車はなかなか売れませんので、売却値も自然と下がるでしょう。
このように、単独で売却ということを考えますと結構な苦労を要します。一括査定により、買取に対する各社のスタンスを把握するというのは一つの道かもしれません。
私は、ある何社かに単独での見積り査定を依頼しました、結果は散々なもので、10万円にもいかない査定結果となりまして、とても売る機にはなれないような状況でした。それを覆したのが、ある一部上場企業との査定やりとりとの事でした。中古車購入も手伝いさせてもらっているので、そちらで現有車の買取値段も頑張りたいとの事。
いざ面談ということになり、どのような車が欲しいのかという事になり、色々と要望を伝えたところ専用サーバから、中古車をピックアップしていただき見ることになった。中古車の予算はいくらなのかという事になり、値段を伝えた。当然予算オーバーの車が良いというのが得策であるかと思う。この車を買うなら現有車の買取値段を上げてくれと交渉するのだ。
相手方の会社としては、買いたい、売りたいそして営業マンとしての成績も残したいとの言うのが本音である。一部上場企業にもなれば資本力は違う、多少値段を下げて売ったとしても、痛くも痒くもない年間ものすごい数を売る会社なのだから、今回こけたとしても他の機会に充分補填できる仕組みになっているのだろう、だから限界ギリギリぐらいの値引きを要求するのである。絶対にこの値段で売っても売れないような値引き額つまり買取額である。
結局当初見積もりの何倍もの額で売却に成功した。
そしてそのお金を全て中古車購入にあて晴れて予算ないでの購入に至った。
恥ずかしいなど様々な感情あるかもしれないが高い買物だからこそ、得をしたい。
企業の仕組みをよく理解して交渉するのが手である。

このページの先頭へ